FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

標準仕様の落とし穴!!

2012/03/27 Tue 12:05

今日は標準仕様の疑問について書こうと思います。。

私は、HMを選ぶ際にオプションをつけない状態で
標準仕様でどのくらい満足できる仕様になっているかを気にしておりました。
やっぱり各HMごとに標準基準があって微妙に違っているんですよね。
だからこそ、カタログやプリントをもらって確認し、今のHMに決定しました。

ちなみにウチは、一応「センチュリー」といわれていますが、
もともとある図面を基に変更していったわけではなく
間取りは、ゼロから希望をお伝えして作っていただいているので
変更差額などではなく必要なモノを積み上げて結果いくらかかったかといった感じです。

お風呂は特に要望もなかったので標準仕様で十分です。
パナソニックとリクシルの2メーカーどちらでも選べると聞いていました。
(正しくはヤマハも入れて3メーカーで資料は頂いていましたが、
見学などの手間もあるので2メーカーを見に行き、決めました。)

ところが・・・
コストの見直しをしていると・・・なんてことでしょ~う!
契約時パナソニックで入っている浴室標準価格と
「どちらでもお選びいただけます。」と言われて選んだ
リクシルの浴室標準価格が5.8万円近くも高くなっているではありませんか!
(最初の契約時はパナソニックになっておりました)

あぶないあぶない! でも削減箇所を見つけられて良かった~!と
早速、打ち合わせ時に担当の営業に質問。
すると驚きの回答が!!
「メーカーが変わっているので若干値段は変わるんですよね~」

・・・「えぇ??」
もはや「削れるところは少しでも」と見ている私には
“5.8万円"は若干ではございません!!

オプションはお金がかかる事承知の上で追加しているから良いと思うのですが、
「(お金は若干かかるけど)どちらも選べる」と言いながら標準仕様と呼び、
差額の発生を説明されないのはおかしくないですか=!

てっきり、「異なるメーカーの同じようなグレード」を
「ミサワを通すことで同じ価格」で選べる。
と思ってしまったのは私だけでしょうか??
皆さまはそんなの常識だとご存じなのでしょうか?

契約時からどんなことで金額が発生するか知りたかった私は
わざわざ、標準仕様の設備等のプリントをもらったのに意味がないではありませんか(泣)

それでもリクシルの方が天井が断然高いので泣く泣く引き下がりました。。
あっ、でもそれぞれ割引率とか違うかもなので金額自体はアテにしないでくださいね。

もし、おかしい!と思う方はどうそポチッと励ましてくださいませ。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

ブログランキングに参加しております。
よろしければ、ポチッとよろしくお願いします。

↓ ↓ お家作りの参考になるブログがいっぱい! ↓ ↓
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ミサワホームへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建住宅(施主)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
コスト見直し | コメント(0) | トラックバック(0)

コスト削減方法2

2012/03/21 Wed 12:12

お久しぶりです(^-^*)/

そろそろブログ再開させていただきます♪
だいぶ期間が空いたので、しばらくの間は回想録になりますが、
どうぞ、今後ともよろしくお願いします。


さて、最後の家ネタはコスト見直しでしたね。
最終的に270万円プラスで落ち着きました。
ここに落ち着くまでは本当もう一進一退で何がどうなって
この金額に落ち着いたか詳細は正直よく覚えていないんです。
というわけで全てというわけにはいきませんが、覚えている範囲でご紹介します。

○玄関のシューズクローゼットをパナソニックのモノに変更。
サイズは若干パナの方が小さいです。実はこれ、削減のためではなく、
化粧板が気に入るモノがミサワさんでは見つからなかったため
パナに変更したところ少しお安くなったというラッキーアイテムでした。
ミサワホーム仕様は白だと本当の白なんですが、パナはほんのり木目が残る白でした。
ここ、私の重要ポイントなんです。多分私の和モダンの和って木質感なんですよね。
白い壁と木目の濃茶のコントラストはスゴイど真ん中です。
常に家具?設備?は濃茶を選んでおりますが、玄関のタイルが濃いグレーなので
ここは明るい色を探しておりました。ピッタリなモノが見つかって安心いたしました。

○和室のコーブ照明をダウンライトに変更
コーブ照明っていうのは天井を少しへこませてライトを設置し、
壁を照らす間接照明?なんですが、これが造作とライト両方金額が発生するので
ダウンライトに角度をつけて壁を照らす形の方が安いとICさんから助言を頂きました。
和室はアクセントクロスなども使っていてすごく素敵な空間になりそうなので悩みましたが、
多分使い勝手は、洗濯物をたたむとかそんな程度です。
そう思うともったいないと考え直し、ダウンライトに変更しました。
ただただ、良い物を進めてくる方ではなく、使い勝手や見え方、金額の
バランスを検討してご提案いただくので、本当に我が家はICさんと設計士さん頼りです。

○背面キッチンカウンターのゴミ箱を無しに
もともとずぼらな私には少しゴミ箱が小さいと感じていたし、
ワゴンのシルバーも好みではなかったので、ここなすんなり無しにしました。

○お風呂の引き戸を折れ戸に変更
私のこだわりポイントでありましたが、設計士さん、ICさん、夫の三人から
削減ポイントではとの指摘を受け、泣く泣く断念しました(笑)。
ほとんどがかなり割安になるメーカー設備でしたが、ここは変わらなかったんですよね。
なので私も納得納得済みです(^-^ )

以上ですm(_ _)m

イヤ、本当は見直し着眼点はいっぱいあったんですよ。
デザインサイドフードを普通にするかとか、
IHのコンロを3つから2つ+ラジエントに変更とか
キッチン周りの化粧板のグレードを落とすとか
食洗機のグレード落とすとか
小上がりにしている畳の高さをなくすとか

もちろん、各メーカーさんまで見に行って確認もしました。
でも、私には全て譲れなかったんです。
ウチはキッチンが対面で丸見えなタイプを選んでいるので
見た目も重要だし、金額に対する機能も納得がいくモノでした。

削減目的に見直すと、どこまでも削減できますよね。
でも、一生を住まう家なのだから、
許す限り満足のいく家を目指したいと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

ブログランキングに参加しております。
ブログ再開でこのまま読んでみたいと思ってくださる方は
ポチッとよろしくお願いします。

↓ミサワホームのブログはこちら↓

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ミサワホームへ

↓住まいブログはこちら↓
にほんブログ村 住まいブログへ

人気ブログランキングへ
コスト見直し | コメント(2) | トラックバック(1)

コスト削減方法1:窓編

2012/01/09 Mon 15:18

ずいぶん引き延ばしてしまったコスト削減方法ですが、、、
実はあんまり削減できてません(-。-;)

先にこれまでの大まかな見積もりの流れは
契約→諸々変更で300万円増
→照明・エアコン・造作含め現在の総額500万円増

となっております(×_×)

500万円ってタ○ホームで家が建つお値段ですよね!
かなりビックリしたのと毎回見積もりをもらわなかった自分たちも悪いけれど
こんな額になるまで見積もりを出さなかったミサワホームにかなり不信感を覚えました。
直後は、かなりの不信感でぼったくられてるのかしら?
悪い営業に当たったのかしらと、もう毎日くらーい気持で・・・(;_;)
ちょうどそのまま年末に入ってしまったので、少し気持が落ち着きを取り戻し
年明けようやく現実を見て、内訳を確認いたしました。
・・・ミサワホームさん、悪い人じゃなかったです^_^;

今回は「窓」について

完成した施主様の失敗談でもありますよね。
でも、そんなお話は聞いていましたが、多分1つの窓について1-2万、
家全体を考えても10~15万円位を思っていました。
契約時、「建物面積が決まればそこまで大きくは変わらないと思います」
と営業さんも言っていたし、私自身そんなに大きな変更をした感覚はなかったんですよね。
ふぅ~、アバウトにも程がある嫁です。。

でも、私の要望に合うのは、特殊な窓だったらしく、
また1階ということで、自動シャッター&防犯ガラス代も加算され2つの窓だけで20万円程
他にも規格サイズでしたが大小を変更して20万円程、あと、天窓の追加で8-9万円。

というわけで、窓の変更分総額50万円 となりました。

これをどう削減したかというと・・・ズバリ妥協です(^_^;)
・大きな窓を1つ削減で-10万円
・横長窓2つを1つの横長窓にして-3万円
・窓を安い比率に変更:金額返事待ち



まだHMを決めていない方は、展示場で外観・内観ともによく見てください。
そしてデザインもしっかり重視して欲しいと思います!
きっと展示場によってコンセプトは違うから、アテに出来ませんという方もいるでしょう。
デザインはあとでどうにでもなるという方もいるでしょう。
でもそこには、「お金を出せば」と言う一言が加わると思います。
各HMの規格サイズがあり、各素材があるので雰囲気に違いは出ると思うのです。

今回私はよく横長の窓を指定しましたが、
多分他のメーカーなら規格サイズとして普通にあると思います。
(特殊な物ではなく引き違いで昔からよくあるタイプです。)
でも、ミサワホームの規格ではないので高くなってしまうのです。
これは落とし穴でした。←自分の不勉強です(>_<)


私の横長希望のために、1つの窓だった箇所を、
2つの窓を並べて横長に見せている為に価格が2つ分で倍価格になっていました。
コスト削減に際して、ミサワホームからも1つにした物もあります等々
ご提案いただいてちょっとずつコストカットに励んでいます(*^^)v

でも、色々調べるうちに削減分でまた新たなオプション入れたりで一進一退です(^0^;)
とりあえず、皆様にアドバイスいただいた床暖房40万円は削減対象となってしまいました。。
コメントいただいた方、ありがとうございました。
ミサワホームの高気密・高断熱に期待しますσ(^^)
他に即、仕分け?されたのは見積もり上の間違いが50万円、
未来の子供部屋の可動仕切り15万円
で-100万円(窓分別)くらいはすでに削減できております。
他は詳細になってくるのでまた今度にします。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

ブログランキングに参加しております。
よろしければ、ポチッとよろしくお願いします。

↓ミサワホームのブログはこちら↓

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ミサワホームへ

↓住まいブログはこちら↓
にほんブログ村 住まいブログへ

人気ブログランキングへ
コスト見直し | コメント(2) | トラックバック(0)
見積もり増額300万円騒動から1週間後、再見積を頂きました。
今回は頼りになる上司さんも同席です。

結果、200万円になっております。
その差額、100万円!!


まだ納得価格にはなってませんが、
一番気になっていた部分の価格が大幅に下がっていました。(^^)

大きな部分としては蔵部分の価格でした。
屋根裏などと同じに見るか、一般の部屋の収納と見るかの違いで
(壁紙や床材などの仕様が違うそうです)
契約時は屋根裏などと同じ扱いでしたが、
一部の増築に伴い一般部屋扱いに変更されていたそうです。(*_*)

とはいえ、それはミサワホームの都合なので、
実際は洋室扱いですが、契約時の金額でやっていただける事になりました。
前回、突っ込んで質問しなかったらどうなっていたのかしら?(¨;)
と考えてしまいますが、とりあえずホッとしております。
蔵だけでは、100万円にはならないので他にも見直してくれたんだと思います。
設備や造作関連については、個別に出していただいて検討する予定です。

そうそう、個別に「何を変更すると、工事費や材料費諸々合わせていくらになる」
のお見積もりは出していただけるそうなんです!
前回も書いたとおり、ミサワ仕様の見積もりって、素人には分かりづらいんですよね。
そこで、最終の見積もりの時には、採用と不採用を
決めやすいように個別見積もりを頂けるそうなんです。
我が家は、まだ途中だったので総額の予算感程度だったので正規の見積もりのみだったらしいです。
・・・予算感を知る為にしては100万の違いはデカイですけどね。。(-_-;)

やっぱり建物の増減はないように、契約前に詰めるべきですね。
設備関連のオプションはコストも確認しやすいですが、
建物は、色々と変更が連鎖するので多めに利益をのせられても分かりにくいです。
いや、営業さんを信じれば、多めにのせられたりは
していないかもしれませんが、とにかく分からないのです!

更新が途絶え気味ですみません。。
まだ見積もり問題は予想外に続いてます。

だんだんリアルタイムと1-2週間ずれ始めてますが
年末に取り戻すつもりで頑張ります。。(^◇^;)

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

ブログランキングに参加しております。
よろしければ、ポチッとよろしくお願いします。

↓ミサワホームのブログはこちら↓

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ミサワホームへ

↓住まいブログはこちら↓
にほんブログ村 住まいブログへ

人気ブログランキングへ
コスト見直し | コメント(4) | トラックバック(0)
水回り仕様の記事を綴ってまいりましたが
同時に今の変更をふまえた見積もりを頂いておりました。

出て来た金額は・・・ さんびゃくまんえん!

分かりますか? 三百万円です(@_@;)
ケタが間違っているのでは?と考えられた方、私も同じ事を考えました。
一体何をそんなに変更したんだ? ってかんじですよね。
思わず頂いたときは語気を強めて詳細を聞いてしまいました。
ミーレも床暖房も入れていないのに・・・ナゼ?

結果、不明な金額が80-100万円、
納得できない金額50万円


変更箇所を挙げると見ている関係者にバレそうなので控えさせていただきます。
家を建て終わったときに追記したいと思っています。
・・・イヤ、別にブログ隠しているわけではないのですが、、、
正直な気持ちを書きたいので匿名性も大切にしたいのです(¨;)

不明な金額というのは、担当営業さんに聞いても応えられない金額のことで、
そもそも、この見積もりは担当さんが詰めているモノではなく
各メーカーや大工さん?タチから出て来た金額に対して単純に利益を載せたモノだそうです。
オイオイ、どうなんだそれっ!って突っ込みそうでした(-_-;)
でも、よく考えると、まだまだ決定仕様まで先は長い状態で
ミサワさん的には、今ひとつひとつ詰めても正直無駄というか
最後の金額で利益が何%乗せられたかかと大事なんでしょうね。

納得できない金額というのは、変更箇所に対して
仮設工事、基礎工事、建物本体、屋根・外備、外装、造作、等々の項目で
小分けに高くなった部分のことで、
結局、この変更に対してこの金額と分かるように足したところ、
変更する際に聞いていた金額と倍近く変わっている、
仮設工事、おかしすぎる! などでした。

金額というのは、施主にとってはとてもデリケートな部分で
最終利益計算で、適当なモノを途中で出されるとかなり信頼関係にひびが入るんですよね。
もちろん、オプション費は払います。HMさんがそこに利益を乗せるのも分かります。
払うモノは払います。当然のことです。
大事なのは、適当に見積もらないと言うことです。
100-150万納得できない金額があったらどう考えてもおかしいと思うじゃないですか。
せめて、理由は把握しておいて欲しいです。!

長文になりましたが、ミサワホームに文句ではないのです。
我が家に付いてくれている担当営業さんは、
まだ若い方なので、経験不足で配慮に欠ける部分がたまにあるのです。
でも、やる気もやさしい方でもあるし、上司さんがフォローしてくれるので
大きな問題にはなりません。

何が言いたいかというと、我が家だけかもしれませんが、
「途中の見積もりはあまり意味を持たないかも」
ということを
これから検討されている方に伝えられたらと思いました。

ちなみにこの300万円の行方は次回後編としてご報告します。


最後までお読みいただき、ありがとうございました。

ブログランキングに参加しております。
よろしければ、ポチッとよろしくお願いします。

↓ミサワホームのブログはこちら↓

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ミサワホームへ

↓住まいブログはこちら↓
にほんブログ村 住まいブログへ

人気ブログランキングへ
コスト見直し | コメント(2) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。